Nutrition&Supplement おすすめ記事 筋トレ

筋トレをしている人にオススメの外食チェーン5選!

 

筋トレをしている人にとって、食事管理もトレーニングの内。

自炊をすれば、出費を抑えつつPFCバランスを計算しやすいですが、手間がかかったりたまには外食で美味しいものを食べたいと思う時があると思います。

 

そこで、この記事では数ある外食チェーンの中から、Koichiがオススメする店とメニューを紹介していきたいと思います!

 

 

食事を決めるポイント

 

まず、お店を紹介していく前に僕がどのような点に気を付けて食事を選んでいるかを3点紹介していきます。

 

①高タンパク低脂質を意識する

 

筋トレがブームになってる、昨今ではこの言葉はあらゆる場所で聞くかと思います。

余分にカロリーを摂り過ぎてしまうと、脂肪がつく原因となってしまいますので、脂質に関しては意識して抑える必要があります。

脂質は1g当たり9kcalなので他の三大栄養素である、タンパク質、炭水化物と比べると高カロリーです。

脂質を全く摂らないのも問題ですが、ジャンクフードなどからではなく、良質な脂質を摂ることが大事です。

三大栄養素については以前の記事がありますので、興味のある方はそちらもご覧ください。

 

ボディメイクに重要な3大栄養素を知ろう!

 

そしてタンパク質は筋肉を作る元になりますので、こちらも重要です。

筋トレをしている人は通常よりも多めのタンパク質が必要だと言われていますので、積極的に摂取していきましょう。

 

Koichi
タンパク質を過度に摂り過ぎると、内臓に負担がかかると言われています。

大会のために極限までの肉体改造を目指しているという人でない限り、大量摂取する必要はないというのが僕の意見です。

 

②カロリーをチェックする

 

先ほども述べましたが、食事管理においてカロリーは非常に重要な要素の一つです。

外食の時はもちろん、スーパーで食料を購入する際は

カロリーや栄養素 > ②値段 > ③食材の種類

の優先順位で僕は購入しています。

 

スーパーではすべての食品の栄養成分をチェックできますし、外食でもカロリーを表記しているお店が増えてきています。

もし、メニューにカロリー表記がない場合は、ネットで調べてから食事を選ぶのが良いでしょう。

 

③値段が安い

 

お金持ちでない限り、お金はできる限り節約したいところ。

ジャンクフードなどは安く、ボリューミーな食事を楽しむことができますが、栄養面的には控えないといけません。

今回紹介する店はチェーン店のみですので、比較的安い店が多いです。

少しだけ、たまにのご褒美の意味で高めの店も紹介しようと思っています。

それでは僕のオススメする外食チェーンを紹介していきます!

 

サブウェイ(ローストビーフ)

出典:サブウェイ

 

サブウェイはサンドイッチをメインに提供しているファストフードのチェーン店で、ファストフードですが健康的な食事ができます。

僕はフィリピン滞在中は平日の朝は毎日サブウェイを食べていました。

カロリー、栄養素がを簡単に調べることができ、野菜もとれて何よりも味がおいしいです!

味もいろいろあり飽きことなく継続して食べることができます。

 

僕の一番のオススメはローストビーフ

レギュラーサイズの情報は以下に記載しています。

 

値段 → 590円

カロリー → 309kcal

タンパク質 → 16.2g

脂質 → 9.5g

炭水化物 → 40g

 

満遍なく非常に優れた栄養バランス!

本当に非の打ちどころがなく、住んでいる場所の近くにあったら間違いなくリピーターになります!

 

吉野家(ライザップ牛サラダ)

出典:吉野家

 

誰もが知る吉野家は牛丼チェーンです。

牛丼がおいしいのはもちろん間違いないのですが、今回オススメしたいのはライザップ牛サラダ

ライザップとのコラボ商品のようで、炭水化物が抑えられているのですがめちゃくちゃ美味しいです!

 

値段 → 550円(税込み)

カロリー → 498kcal

タンパク質 → 31g

脂質 → 29g

炭水化物 → 20g

 

単純にサラダとして美味しいだけでなく、30g以上のタンパク質も摂れるというのはトレーニーにとっては最高の食事です。

 

鳥貴族(むね貴族焼 塩)

 

居酒屋チェーンとして有名な鳥貴族

鶏肉を使った料理を数多く提供しており、どれも絶品です。

焼き鳥以外にもオススメは多数あるのですがここでは王道のむね貴族焼塩味を紹介します。

 

値段 → 327円(税込み)

カロリー → 172kcal

タンパク質 → 27g

脂質 → 5.2g

炭水化物 → 3g

 

これだけおいしいのに、値段は安くタンパク質も豊富!

アルコールはカロリーが高いので、トレーニーの方は極力控える方が良いです。

 

Koichi
僕はいつもキャベツ盛りを頼んでお肉と一緒にいっぱい食べます。

お代わりし放題なので、ぜひおすすめ!

 

いきなりステーキ(ヒレステーキ)

 

いきなりステーキではいろんな部位のステーキを食べることができます。

頻繁に食べに行けるほど安くはないですが、ご褒美にすれば筋トレも一層頑張れるかもしれません。

特に脂身の少ないヒレステーキがオススメです。

160gの場合の栄養成分が以下になります。

 

値段 → 1848円

カロリー → 350.8kcal

タンパク質 → 35.9g

脂質 → 15.3g

炭水化物 → 15.5g

 

ワイルドステーキという別のステーキもあるのですが、そちらの方が安いです。

脂質が増えてしまいますが、とても美味しいので増量期に食べるのが良いかもしれません。

 

 

金の豚(しゃぶしゃぶ食べ放題)

 

金の豚ではしゃぶしゃぶの食べ放題が提供されていて、しゃぶしゃぶだけでなく豊富な一品料理も楽しむことができます。

 

Koichi
金の豚は僕が一番好きな外食レストランなので入れました!(笑)

値段は安くないですがそれ以上の価値のある美味しい料理ばかりで本当に最高です!

 

お肉を選ぶ際は、バラよりもロースの方が脂身が少ないです。

食べ放題では少量の食材を自分の好きなように注文できるので、栄養管理がしやすいというメリットがあります。

しゃぶしゃぶでは出汁にお肉をくぐらせることで、余計な油も落ちるので美味しく良質な食事を楽しめると思います。

 

まとめ

外食のいいところは、手間がかからず、美味しい食事を楽しめるところだと思います。

日本では多種多様な飲食店があり、いろんな選択肢があります。

ですので、自炊でなくとも栄養管理はしやすいと思います。

この記事で紹介したレストラン以外にも、良い店や料理がいっぱいありますので自分のお気に入りを探してみてはいかがでしょうか?

 

  • この記事を書いた人

Koichi

ブラジル・ポルトガル語留学◀一時帰国◀外資系企業 in フィリピンでデジタルマーケティング◀国内メーカーで営業&マーケティング◀国公立大学IT系学部●世界一周●合計渡航国数30か国以上●TOEIC960点取得/ブラ・ポル語中級者●自己ベストBP120kgSQ150kgDL180kg筋トレ歴8年目の身長190cm体重90kg

-Nutrition&Supplement, おすすめ記事, 筋トレ

© 2022 Koichi Blog Powered by AFFINGER5