Work out おすすめ記事 筋トレ

【最高の自己投資】ジムは高いかもしれませんがメリットがたくさん!

 

皆さん、こんにちは!

身長190cm、体重90kgのKoichiです!

 

筋トレをしている方は、家でトレーニングしていますか?

それともジムに通っていますか?

それぞれメリット・デメリットがあるのでどちらの方が良いかというのは一概には言えません。

 

ただ、お金の側面から考えてみるとジムに通う方が費用はかかりますよね?

月会費が高いと感じる方もいるでしょう。

それでもジムに通うことは最高の自己投資の一つだと思います。

この記事では、高い会費を払ってでも通うのが良いと思うジムのメリットを紹介したいと思います。

 

Koichi
僕は筋トレを始めてからずっとジムに通っていますが、ホームジムを否定しているわけではありません。

自分がより良い結果を出せる方を選択することが大事です。

 

 

ジムの会費例

 

ジムの会費はブランド店舗地域プランによって様々なので決まった額ではありません。

あくまで、大まかな金額になりますのでジムを決定する前に料金がいくらであるかは必ず確認しておきましょう。

 

24時間営業のジム 5000円~
大型ジム 10000円~
パーソナルジム
公営ジム ~1000円

 

ジムのタイプを大きく4種類に分類しました。

簡単にそれぞれのジムの説明をします。

 

筋トレがブームになり、ジムが急増していますがそのほとんどは24時間営業ジムです。

24時間オープンしているので自分の行きたい時間に通うことができ、店舗数も多いので色々な場所で利用することもできます

「エニタイムフィットネス」のように国内だけでなく海外店舗を利用できるジムもあります。

 

大型ジムでは、トレーニングのためのジムだけでなくプールフィットネススタジオが併設されています。

筋トレ以外のエクササイズを行えるだけでなく、お風呂などもあり設備が非常に充実しています。

もちろんその分料金は高くなってしまいますが快適に利用できるでしょう。

 

そしてパーソナルジムはマンツーマンのパーソナルトレーニング指導を目的としたジムです。

比較的小さいジムですが、トレーナーがしっかり指導してくれるので少ない設備でも効率よく鍛えることができます。

トレーナーの実績やスキル、知名度によって料金の幅があります。

 

関連記事
【実体験】パーソナルトレーニングを受けるメリットとデメリットを紹介!

  ライザップのおかげで一般に知れ渡ったパーソナルトレーニング。 トレーナーの方がマンツー ...

 

4種類のジムの中で一番安いのが公営のジムです。

市町村が運営しているため、料金がかなり低く設定されており門戸が広いです。

月額料金ではなく都度利用で使用することができるところが多いので、初心者は公営ジムからスタートするのが良いかもしれません。

 

関連記事
【ジムのビジター利用料金】月額料金とは何が違うのかを解説します!

  皆さん、こんにちは! 身長190cm、体重90kgのKoichiです!   ...

 

ジム通いのメリット

 

お金のことだけを考えると、ジムに通うのは避けた方が良いでしょう。

しかし、それだけの投資をするメリットがたくさんあります。

 

ジム通いのメリット

・マシンやフリーウェイトが充実している

・メリハリを持ってトレーニングできる

・筋トレ仲間ができるかもしれない

 

一番のメリットはやはり、行える筋トレの種類が大幅に増えることでしょう。

お金持ちの日とは別ですが、ホームジムでジム並みの設備を揃えるのは簡単ではありません。

バーベルで高重量なんて家ではできないのが普通です。

効率よく鍛えるには設備が充実している方が良いのでジムの方が良いでしょう。

 

関連記事
【ジム通いの方が良い】マッチョになるためジムに行こう!

  筋トレをしている方に質問です。 筋トレはジムでしていますか? それとも家でしていますか ...

 

また、家では誘惑が多いので筋トレを継続するのが難しいかもしれません。

メリハリをつけるためにも環境を変えてトレーニングをうのが良いでしょう。

 

 

ジムでは他の会員の人たちもトレーニングしているので、もしかしたら仲間ができるかもしれません。

筋トレ中は邪魔になるので、もし声をかけるのであればインターバル中の方が良いです。

切磋琢磨できる仲間が増えれば、トレーニングが楽しくなりより良い結果も出しやすいでしょう。

 

ホームジムのメリット

 

では逆にホームジムのメリットは何なのでしょうか?

コチラのメリットもチェックしておきましょう。

 

ホームジムのメリット

・費用を安く済ませることができる

・わざわざ移動しなくてもトレーニングができる

・待つ必要がない

 

基本的にはホームジムの方が費用を抑えることができます。

仮にパワーラックなどの比較的値段の高いトレーニング器具を購入したとしても継続すれば、月当たりの金額はジムに通うよりも安くなるでしょう。

長期的に見ればお得です。

 

関連記事
【コロナ禍】自宅でも簡単に鍛えられるオススメ筋トレ器具6選!

  この記事はこんな方におすすめ 筋トレをしたいがジムに通うのは面倒くさい 家で手軽に筋ト ...

 

もし地方に住んでいるのであれば、ジムに行くのに車でないと厳しい人もいるかもしれません。

移動に時間がかかってしまうと筋トレを始めるのが億劫になります。

家だといつでも筋トレを始めることができるので移動時間はかかりません。

 

ホームジムだとトレーニングをする人が自分しかいないので、好きな種目を好きなタイミングで行うことが可能です。

ジムでトレーニングをしていると夜などの会員が多い時間帯に人で埋まっていて、やりたいトレーニングができないという事が多々あります。

そのストレスを感じることがないのでホームジムではのびのびトレーニングができるでしょう。

 

Koichi
僕もお金があればいつか立派なホームジムを作ってみたいと思っています。

 

まとめ

冒頭にも述べましたが、ジムもホームジムもメリット・デメリットがあります。

確かにジムは僕も高いと感じますし、年間で考えてみると何万円も使わないといけません。

しかし、その投資によって享受できるものも絶大です。

筋トレをすると言っても様々な方法があるので、自分の目標に適したやり方を模索して継続していきましょう。

 

  • この記事を書いた人

Koichi

ブラジル・ポルトガル語留学◀一時帰国◀外資系企業 in フィリピンでデジタルマーケティング◀国内メーカーで営業&マーケティング◀国公立大学IT系学部●世界一周●合計渡航国数30か国以上●TOEIC960点取得/ブラ・ポル語中級者●自己ベストBP120kgSQ150kgDL180kg筋トレ歴8年目の身長190cm体重90kg

-Work out, おすすめ記事, 筋トレ

© 2022 Koichi Blog Powered by AFFINGER5