Work out おすすめ記事 筋トレ

【男性編】ジムに行くのに必要なもの5選!【忘れると面倒くさい】

 

皆さん、こんにちは!

身長190cm、体重90kgのKoichiです!

 

ジムに通っている皆さんは、何をジムに持っていってますか?

既に持ち物が固定されている熟練者の方は大丈夫かと思いますが、これから筋トレを始めようとしているような初心者の方は何を持っていけばいいのか分からないですよね?

そこで今回は筋トレ歴が8年の僕がジムに行くときに持っていくべきものを紹介します。

 

Koichi
女性はまた持ち物が変わるので今回は男性編になります!

 

 

必要な持ち物

 

ジムに行く際に忘れてはいけないものを紹介します。

ここで紹介するものは、基本的にジムに行く全員が持っていくべきものです。

忘れてしまうとジムでトレーニングをさせてもらえないというルールが存在する店舗もありますので、必ず忘れないように出発前にチェックしておきましょう。

 

ジムの会員証

 

ジムの会員証はジムでトレーニングするために必要なものです。

これがないとそもそも入館することが出来ません。

カードタイプだったり、電子キータイプのものが存在します。

一般的に24時間営業のジムだとスタッフの方がいない時間帯は、この会員証をドアにタッチすることでジム内に入ることが出来ます。

 

Koichi
ジムの会員証を忘れてしまうと本当にやる気がなくなります。

取りに帰ってまた戻ってくればトレーニングができますが、その労力が面倒くさいのでその日はトレーニングを諦めてしまったという経験が何度かあります。。。

 

トレーニングウェア

 

どんな服装でトレーニングするかは人によって変わりますが、トレーニングウェアと普段着は分けて使っているのが普通だと思います。

タンクトップ吸汗性に優れたウェアがトレーニングには合っています。

僕は荷物を減らすためにトレーニングする格好でジムまで行きまが、ジムで着替える人はトレーニングウェアを忘れないようにしましょう。

 

Koichi
トレーニングウェアがカッコいい方がやる気が出るという方はいますか?

僕はそのタイプで特にアンダーアーマーが好きです!

 

トレーニングパンツ

 

トレーニングウェア同様、トレーニングパンツも持っていく必要があります。

安全性を考慮して、ジーパンなどではトレーニングできないというジムがほとんどですので忘れてしまうとトレーニング自体できません。

トレーニングウェアと常にセットで持っていくように意識しておきましょう。

 

トレーニングシューズ

 

こちらも安全性という観点から、スポーツに適したシューズでないとトレーニングはさせてもらえません。

サンダルでトレーニングはどう考えても危ないですよね?

もしダンベルを落としたりしてしまっては大変ですし、滑りやすく怪我の危険性が増します。

 

Koichi
最近は外靴のままジムに入ってその靴でトレーニングまですることが可能なジムが増えています。

入会時に説明があると思うので確認しておきましょう。

 

飲み物

 

トレーニング中は汗をかきやすくなっています。

こまめに水分補給をしないと熱中症の危険性がありますし、トレーニングの質も落ちます。

水やスポーツドリンクを持っていかないにしても水筒を持っていけば、大体のジムにはウォーターサーバーが置いてあるので水分補給はできます。

 

最悪忘れてしまったことにジムに行く途中で気づけば、コンビニなどで購入することが出来ます。

ジム内に自販機が置いてあることもありますが、値段が高めに設定されているので持参するのが無難だと思います。

 

タオル

 

タオルと聞くと正直必須ではないような気もしませんか?

もちろん汗を拭くためにタオルを使うのですが、これは自分のためでなく他の利用者のためでもあります。

特にベンチ台などを使う時はタオルを敷いて使うのが、一種のマナーです

ベンチ台やマシンを清潔に保つためにタオルやウェットティッシュが常備されているジムであれば、自分の汗を拭くためだけに使用すればいいですね。

 

必須ではないが役に立つもの

 

続いては必ず持っていくべきというものではないが、持っていった方が役に立つもの、また人によっては必要なものを紹介します。

これからジムデビューしようとしている初心者は、特に気にしなくてもいい項目です。

自分も使いそうだと思ったら、持っていくのが良いかもしれません。

 

Koichi
ちなみに僕は紹介するもの全部ジムに持っていきます。

 

サプリメント

 

上級者にもなれば、トレーニング前、中、後とそれぞれで摂取するサプリメントがあります。

ポピュラーなサプリメントだと、プロテインBCAAなどがありますが人によって必要なサプリメントは違います。

トレーニング効果を最大限発揮させるためにも、サプリメントを摂取している人はジムに持っていくのを忘れない方が良いですね。

 

 

トレーニングギア

 

トレーニングギアとは、トレーニングの効率を上げるために使われるアイテムです。

ある程度の期間トレーニングをしている人のほとんどが使っているかと思います。

トレーニングギアを使った方が対象筋に効かせやすくなったり、怪我のリスクを抑えることが出来ます。

 

 

スマホ

 

スマホはどんな時でも持ち歩いてる人が多いかと思いますが、トレーニング中は音楽を聴いたり、トレーニング内容をメモするアプリを使用するために役立ちます。

音楽をかけてテンションを上げて筋トレを行うことで、さらに限界まで追い込めます。

一昔前まではノートにトレーニングの記録を取っている人もいましたが、最近はめっきり見かけなくなりました。

スマホで簡単で記録が取れて管理もしやすいので、アプリを使ってる人の方が今は多そうですね。

 

注意ポイント

マシンやベンチ台に座りながらスマホを長時間使っていると、他のお客さんに迷惑になります。

スマホを使用する場合は、一旦離れるか数秒程度の使用に抑えておくのがマナーです。

 

イヤホン

 

先ほど紹介したスマホなどで音楽を聴きながらトレーニングをするときに、イヤホンが必要です。

この場合は、有線のイヤホンよりも無線タイプがオススメです。

トレーニングをしているときに有線のイヤホンだと線の部分が邪魔になってトレーニングがしにくいです。

 

シャンプー&ボディーソープ

 

トレーニング後にシャワーを浴びれるジムに行くときは、シャンプーやボディーソープを持参するのが良いでしょう。

トレーニングをした後は汗だくですが、シャワーを浴びればすっきりしますよね。

会員費が高めのジムだとシャンプーやボディーソープが付属のジムもありますが、置いていない場合もあるのでしっかりチェックしておきましょう。

 

Koichi
僕は自転車でジムまで行くので、ジムでシャワーを浴びても帰りに汗をかくことになります。

そのため家に帰ってからシャワーを浴びるようにしています。

 

まとめ

初心者の方は何を持っていけばいいか分からないかもしれませんが、回数を重ねていけば持っていくべきものもわかってきます。

とりあえずこの記事を参考にしてもらって、あとは自分のスタイルに合わせて柔軟に持ち物を変えていくのが良いでしょう。

この記事の情報が参考になれば幸いです!

  • この記事を書いた人

Koichi

ブラジル・ポルトガル語留学◀一時帰国◀外資系企業 in フィリピンでデジタルマーケティング◀国内メーカーで営業&マーケティング◀国公立大学IT系学部●世界一周●合計渡航国数30か国以上●TOEIC960点取得/ブラ・ポル語中級者●自己ベストBP120kgSQ150kgDL180kg筋トレ歴8年目の身長190cm体重90kg

-Work out, おすすめ記事, 筋トレ

© 2022 Koichi Blog Powered by AFFINGER5