Motivation おすすめ記事 筋トレ

筋トレのメリットとデメリットを比較!メリットだけではありません!

 

日本でも近年筋トレがブームになっており、ジムの店舗数もかなり増加しております。

僕が筋トレを始めたのは8年前ですが、明らかに筋トレをする人が増えており筋トレ系YouTuberもいろいろな方が出てきました。

 

関連記事
【190cmトレーニー】高身長の方必見!Koichiの筋トレ!

  こんにちは! 筋トレ歴8年目のKoichiです! 大学生になってから筋トレを始めて、も ...

 

関連記事
【マッチョになりたい人必見】オススメの筋トレYoutuber8選!

  お気に入りの筋トレYouTuberはいますか? 今の時代、YouTubeは立派な教材の ...

 

このブームに乗り筋トレをこれから始めたいという方に、僕の経験から筋トレのメリットとデメリットを紹介します!

 

 

メリット

 

まずは、筋トレをするメリットからご紹介していきます。

メリットについてはよく知られているものも多いかと思います。

僕の思うメリットは以下になります。

 

理想の自分に近づく

 

筋トレをする人の多くが、ボディメイクを目的に筋トレをしているかと思います。

マッチョ、細マッチョ、スリムな体型など人によって理想の体型があると思います。

女性の方でも好きなモデルのような体が理想という人は多いでしょう。

 

僕自身、筋トレを始めたきっかけはガリガリだった体から脱却するためです。

洋画が好きでよく見ていたのでMarvelヒーローのような体になりたいと考えていました。

筋トレをすることで、理想の身体を手に入れることができます。

 

僕の目標はクリス・ヘムズワースというハリウッド俳優です。

「マイティ・ソー」でソーを演じているオーストラリア出身の男性です。

もし、ハリウッド俳優の筋肉に興味がありましたら、こちらの記事にまとめていますのでついでに読んでみてください。

 

関連記事
【ハリウッド俳優の筋肉】マッチョでカッコいいハリウッド俳優3選!

  こんにちは! 筋トレ歴8年目の Koichiです!     皆さん ...

 

関連記事
【イケメンマッチョ達が出演】筋トレのやる気が上がる洋画8選!

  皆さん、こんにちは! Hello, everyone!  Oi, pessoal!   ...

 

よく、外国人には勝てないと考える日本人がいます。

しかし、理論に基づいた努力を継続していれば同じような肉体を手に入れることは可能だと思います。

 

競技をしている方で世界で活躍している日本人はいます。

競技者として立派な成績を残せている日本人がいるのに、競技もしていないような僕らが諦めるのはナンセンスでしょう。

 

もちろん全く同じ体を手に入れるのは不可能です。

それは人種関係なく、人間一人一人の骨格は違うし、筋肉がつきやすいなどの体質はあるからです。

しかし、近づくことは可能なのです。

 

私は何度も挫折しましたが、今ではクリス・ヘムズワース同様の体とまでは言えませんが、始めたころよりも確実に近づいている自信があります。

理想の体型に近づくことも良い人生を作り上げるための一つのアプローチです。

そこから自信がついたり、成功体験を重ねることで筋トレ以外の事にも好影響を与えることができます。

 

Koichi
最高の自己投資の手段の1つだと思います!

 

健康になる

 

運動は多くの研究において身体的にも精神的にも健康になると言われています。

有名人で言うと中山きんに君さんがいい例だと思います。肌がきれいでとても若々しいですし、メンタル面も健全なように見えます。

 

Koichi
うつ病にも効果があるという情報も見たことがあります。

 

 

僕は仕事終わりに筋トレをしているのですが、仕事のストレスの解消になりますし、食事と睡眠の質が良くなりました。

腰痛や肩こりなどを解消するために筋トレを行う場合もあります。

筋トレをすることで何歳でも若さを保つことができるでしょう。

 

結果を出す方法を学べる

 

僕は筋トレは仕事語学学習に通ずる部分があると思っています。

何か目標がありそこから逆算してやるべきことを継続していくという点です。

つまり、結果を出さないといけないという事です。

 

関連記事
英語学習と筋トレは似ている?共通点とは?

  Hello, everyone! Koichi(https://twitter.com ...

 

よく努力は報われるといいますがこれは少し説明不足な気がします。

報われたものだけが努力でそれ以外は頑張っただけというのが僕の意見です。

 

例えば、英語のテストで100点を取ることが目標だとします。

A君が僕は勉強を100時間した!と言ったらあなたはA君は目標を達成できる思いますか?

僕はそうは思わないです。

 

なぜならその勉強が正しい方法だったのかわからないからです。

もしかしたら、教科書を開いていただけで全く頭に入っていないかもしれません。

極端な話をすれば、数学などの違う分野の勉強をしていたかもしれません。

その場合は努力をしたというよりは頑張っただけですよね?

 

つまり、結果を出すにはしっかりした目標設定が必要。

そしてそこまでのプロセスを明確にして正しくアプローチしていくことが重要なのです。

筋トレをすることでこのことをしっかり体感して学んでいくことができるでしょう。

その経験が仕事やほかの勉強にも役立つはずです。

 

Koichi
僕は筋トレのおかげで、就活やTOEICで納得の結果を出せたと思っています!

 

デメリット

 

さて、続いてはデメリットになります。

筋トレを習慣としている人は、メリットについてしか語らないことがほとんどだと思います。

そりゃあ彼らは良いと思って、続けているのですから良い点しか語らないのは当たり前なのかもしれません。

 

しかし、メリットがあるものには必ずデメリットもあります。

メリットとデメリットは表裏一体で考え方や視点が違うだけで別物になるからです。

しっかりと両方検証することで、自分にとって筋トレはやるべきなのかが見えてきます。

 

お金がかかる

 

当たり前かもしれませんが、筋トレをするとどうしても一定のお金が必要になります。

 

例えば

・ジムの会員費

・サプリメント

・食費

・書籍

・パーソナルトレーニング

・トレーニングギア

 

こうして改めてみるとわかるかもしれませんが、筋肉はお金がかかるのです。

僕の場合で、おそらく月に約2万円ぐらいは筋トレのためにお金を使っています。

計算すると、年間で24万円にもなるので安くはないです。

 

もちろんそれ以上にリターンがあるから、私はずっと続けているのですがこれから始める方にとっては、お金を払ってまでしんどい思いをするのかと考える方も多いでしょう。

 

Koichi
ケトジェニックダイエットが有名になりましたが、これもかなりお金がかかります。

基本的には、増量期も減量期も普通の人よりお金がかかることは間違いないでしょう。

 

時間を取られる

 

筋トレの時間は目的に応じて異なりますが、仮に1回のトレーニングを1時間行うとします。着替えや移動なども含めて1日1時間半。

それを週に5回すると1週間で7時間半。

それだけの時間があればほかに遊びたいことなどができるはずです。

平日となれば仕事があるのでなおさら時間が惜しいでしょう。

 

さらに、筋トレには終わりがありません。

目標の体を手に入れたとしても維持するために筋トレを続けないといけないのです。

維持するのはそこまで到達するよりは簡単ですが、やめてしまうと確実に衰えていくでしょう。

 

筋トレはトレーニングをしているときだけでなく、食事や睡眠も重要な要素になります。

筋トレは生き方であると言っても過言ではないかもしれません(笑)

 

Koichi
競技にでも出ない限り、神経質になり過ぎる必要はありません。

継続することをまず第一に考えましょう。

 

関連記事
筋トレを時短で行う方法!社会人の方必見!

  この記事はこんな方におすすめ 仕事が忙しすぎる社会人 家事に追われている主婦 効率よく ...

 

しんどい

 

筋トレはどのような目的においても基本的に共通することがあります。

それは現在の自分を進化させることです。

つまり、毎回自分の限界を更新していかなければなりません。

 

一番の敵は自分なのです。

克己心こそが筋トレにおいて重要なマインドです。

慣れてはいけないのが筋トレなのです。

常に自分を超えるために1回でも多く、1kgでも重くウェイトを挙げれるように意識しながらやっていく必要があります。

そのため、体力的にも精神的にもきつい場面に遭遇することがあるでしょう。

 

このしんどさが良い結果を生み出すのですが、そこまで自制できる方が少ないので筋トレで挫折する人が多いのが現実です。

 

Koichi
長期間継続できている人は、まず自分をほめましょう。

結果を出せてる人はすごいですが、継続できてる時点で十分すごいのです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

私の経験から見た筋トレのメリット・デメリットは以上になります。

すでに筋トレを始めている方は私とは違う意見をお持ちかもしれません。

 

メリット・デメリットは表裏一体だと思いますし、私の思うメリットをデメリットと捉える方もいるかもしれません。

これから始めようと思っている方にはぜひ私の意見はあくまで大多数の中の一意見として考えていただき参考にしていただければ幸いです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

 

 

  • この記事を書いた人

Koichi

ブラジル・ポルトガル語留学◀一時帰国◀外資系企業 in フィリピンでデジタルマーケティング◀国内メーカーで営業&マーケティング◀国公立大学IT系学部●世界一周●合計渡航国数30か国以上●TOEIC960点取得/ブラ・ポル語中級者●自己ベストBP120kgSQ150kgDL180kg筋トレ歴8年目の身長190cm体重90kg

-Motivation, おすすめ記事, 筋トレ

© 2022 Koichi Blog Powered by AFFINGER5