Tool&App おすすめ記事 海外

【ビジネス特化型SNS】LinkedInを使って海外就職を目指す!

 

皆さん、こんにちは! Hello, everyone!  Oi, pessoal!  Koichiです!

ビジネスに特化したSNSであるLinkedInをご存知でしょうか?

日本ではまだまだマイナーかと思いますが、海外では利用者も多くかなり有名なSNSです。

 

LinkedIn

LinkedIn

LinkedIn Corporation無料posted withアプリーチ

 

このLinkedInが本当に色々役に立つので、今回はこの記事で紹介していきたいと思います。

海外就職を目指している人やこれからグローバルに活躍できるビジネスパーソンになりたい人は必見です。

 

Koichi
僕自身、実際に使用しており有料プランでの使用経験もあります。

本当に使わないと損です!

 

 

LinkedInとは?

 

LinkedIn(リンクトイン)は、世界最大級のビジネス特化型SNS、および同サービスを提供するシリコンバレーの企業。2003年5月のサービス開始後、アメリカ合衆国を始め、世界各国で普及し、2018年4月現在、登録メンバーは5億4千万人を超す[3]。日本では200万人以上が登録している[4]。

出典:Wikipedia

 

Wikipediaの載っていたデータでは2018年4月で世界中で5億4千万人が登録しているとのことですが、3年後の2021年4月では7億人を突破しているようです。

今後さらに増加していくことが予想されますね。

 

日本では聞きなじみのない方も多いかと思います。

実際登録者数もそれほど多くありません。

しかし、海外(特に欧米諸国)ではとても人気で多くの人が利用しています。

 

Koichi
僕はもう1年以上使ってますが、つながっている人はほとんど外国人です。

求人などを見てもやはり海外のものの方が圧倒的に多いですね。

 

LinkedInを使うべき人

 

LinkedInはどのような人達が使うべきか?

このような人達にはぜひ使ってみてほしいです。

 

例えば

・海外就職を目指している人

・ビジネスでの繋がりを増やしたい人

・ビジネスの情報を知りたい人

・スキルアップをしたい人

 

現在の登録者の傾向から海外就職の方が使えるかと思いますが、日本国内で就職もしくは転職を目指している人でも、もちろん使えます。

仮にこれらに該当しなくても、全ビジネスパーソンが登録しておいて損はないと思います。

 

Koichi
大学時代はLinkedInの存在を知らなかったのですが、もし知っていたら絶対に使っていました。

新卒に向けた求人もあるので大学生でも使えます!

 

では具体的に、LinkedInではどのようなことができるのかを次で紹介していきます。

色々な機能がありますが、特に有用だと思うものになります。

 

LinkedInでできること

 

LinkedInでできること

①ビジネスパーソンと繋がる

②求人を探す

③求人オファーを受け取る

④投稿を見る

⑤eラーニングを受ける

⑥スキルテストを受験できる

 

様々なビジネスパーソンと繋がれることです。

これは、他の一般的なSNSと同様です。

 

自分のプロフィールに出身校や会社などの情報を入れることで、それらに関連している人たちがオススメとして表示されます。

つながりを申請することで簡単につながることができます。

もちろん、相手から送られてくることもあるので興味がある場合は申請を許可しましょう。

 

求人を探すことができます。

求人検索では、希望勤務地やキーワードを設定することでより自分の求めているものを探すことができます。

気になるものがあれば応募してみましょう。

 

Koichi
英語で検索できれば、さらに多くの求人を見れますよ。

 

 

採用担当者からオファーを貰えます。

LinkedInを利用している採用担当者は、ユーザーのプロフィールなどをチェックして、求人にマッチしていると判断した場合、直接連絡をくれます。

自分から動かなくてもいいので、非常に効率が良いです。

 

ポイント

プロフィールが充実していないと、他社から見たときに不信感につながったり、どのような人物かわかりにくいので出来る限り情報は記入しておいた方が良いです。

 

Koichi
僕も何度かオファーを頂いたことがありますが、プロフィールをしっかり入力してからの方がプロフィール閲覧数が上がりました。

 

他の人たちの投稿を見ることができます。

もちろん、Twitterのように何でも書きたいことを書いているのではなく、ビジネスに関連した投稿なので色々な情報を得ることができます。

最新のビジネス情報や自分の仕事に関連する人や会社と繋がっておけば、同じ分野のビジネスの情報も得れますよ。

 

スキルアップのためにeラーニングを受けることができます。

授業は様々な分野のものが用意されており、自分がスキルアップしたい講座を受講することができます。

詳しくはコチラで解説されているので、興味のある方はどうぞ。

 

注意ポイント

eラーニングの受講には、有料プランを購入する必要があります。

 

スキルテストを受けることで自分のレベルを確認することができます。

また、合格すればプロフィールに表示できるので自分がその知識を有していることの証明にもなります。

不合格でも通知されたりしないので、自分の分野のテストを受けてみましょう。

 

LinkedInの有料プラン

 

LinkedInは無料でも使えるのですが、有料プランも用意されています。

有料プランは4種類存在します。

 

LinkedInの有料プラン

①Premium Career(求職者向け) ➡ 29.99ドル/月

②Premium Business(求職者向け) ➡ 59.99ドル/月 

③Sales Navigator(営業担当者向け) ➡ 79.99ドル/月 

④Recruiter Lite(採用担当者者向け) ➡ 119.95ドル/月 

 

もし有料プランを購入しようか迷っている方は、とりあえず①のプランでよいと思います。

また、①だと最初は1か月間無料でも使えますので、試してみるのが良いでしょう。

このPremium Careerプランを使うとさらに以下のような機能を使用できます。

 

追加機能

①応募者データのランキングを確認できる

②eラーニングを無制限に受けることができる

③InMailで連絡を取ることができる

④自分のプロフィール閲覧者をチェックすることができる

 

Koichi
他にも追加機能がありますが、特に役立つのがこの4つだと思います。

 

求人に応募する際に他の応募者のデータと自分を比較できます

プロフィールデータに基づいてほかの応募者と比較し、自分がどのような立ち位置にいるのかを確認できます。

 

eラーニングを無制限に受けることができます。

これは先ほども説明したことなのですが有料プランでは質の高い授業をオンラインでいくらでも受講することができます。

 

Koichi
1つの授業ごとにお金を払うのではなく、受け放題なのでかなりお得だと思います。

 

つながっていなくてもInMailで連絡を取ることができます。

つながり申請によって既につながっている人とはいくらでもメッセージのやり取りができるのですが、つながっていない人とはできません。

しかし、有料プランでは回数に制限はありますがInMailという機能を使うことでつながっていない人とでも連絡を取ることができます。

 

Koichi
求人について質問したいときなどに使えるので結構便利です。

 

自分のプロフィールを閲覧した人をチェックすることができます。

どんな業界、職種の人が自分に興味を持ってくれたのかを確認することができます。

その人からつながり申請が来なかったとしても、もし自分が興味を持ったのならこちらからつながり申請を送ってみましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

実際使用していただくとわかるかと思いますが、本当に役に立つアプリです。

この記事では、簡単に説明させていただきましたが、使い慣れてくるともっといろんな使い方ができます。

LinkedInを使って、自分の理想のキャリアを作り上げていきましょう。

  • この記事を書いた人

Koichi

ブラジル・ポルトガル語留学◀一時帰国◀外資系企業 in フィリピンでデジタルマーケティング◀国内メーカーで営業&マーケティング◀国公立大学IT系学部●世界一周●合計渡航国数30か国以上●TOEIC960点取得/ブラ・ポル語中級者●自己ベストBP120kgSQ150kgDL180kg筋トレ歴8年目の身長190cm体重90kg

-Tool&App, おすすめ記事, 海外

© 2022 Koichi Blog Powered by AFFINGER5