Travel おすすめ記事 海外

海外旅行でのバックパッカーの移動手段とは?それぞれの特徴を解説!

 

バックパッカーとして海外旅行をする際、移動手段として様々な選択肢があると思います。

それぞれの移動手段に、特徴があるので使い分けることが重要でしょう。

この記事では、その海外での移動手段について解説していきます。

 

この記事はこんな方におすすめ

  • 海外旅行の経験が少ない方
  • 海外旅行の際に、色々な移動手段を試してみたい方

 

 

飛行機

 

値段(安いほど高評価) 1 out of 5 stars (1 / 5)
時間(速いほど高評価) 5 out of 5 stars (5 / 5)
利便性(便利なほど高評価) 3 out of 5 stars (3 / 5)
安全性(安全なほど高評価) 5 out of 5 stars (5 / 5)

 

まずは、海外旅行と言えば飛行機ですね。

海外に行く際は、ほとんどの場合が日本から飛行機に乗るかと思います。

飛行機があるおかげで、海外旅行にも気軽に行けるようになりました。

 

そんな飛行機はやはりほかの移動手段と比べると基本高めの料金設定。

しかし、近年はLCCを利用することで料金を抑えることができます。

 

格安航空会社(かくやすこうくうがいしゃ)とは、効率化によって低い運航費用を実現し、低価格かつサービスが簡素化された航空輸送サービスを提供する航空会社である。ローコストキャリア (Low-cost carrier, LCC) [注釈 1]とも言われる。

出典:Wikipedia

 

またエコノミークラスビジネスクラスファーストクラスとクラスによっても料金が大きく変動します。

バックパッカーの場合は、お金を節約するためにエコノミークラスを利用する方がほとんどでしょう。

 

Koichi
僕もいつか、ビジネスクラス以上のクラスを利用してみたいです(笑)

 

基本的に、距離が長いほど値段が高くなりますが、国内移動の際は結構安く利用できることがあります。

日本国内で見ても、大阪から東京までなど新幹線より安く行けると思います。

長距離移動の際は、航空券も常にチェックしておきましょう。

 

その航空券を探す際に、オススメのアプリがSkyscannerです。

色々な航空会社を比較できるので、自分の目的に合った航空券を簡単に見つけることができます。

 

Skyscanner (スカイスキャナー) 格安航空券検索

Skyscanner (スカイスキャナー) 格安航空券検索

Skyscanner無料posted withアプリーチ

 

アプリの使い方は非常に簡単です。

以前の記事で使い方についても紹介していますので、宜しければそちらも一緒にご覧ください。

 

関連記事
【初心者必見】スカイスキャナー(Skyscannar)の使い方!

  スカイスキャナー(Skyscannar)は航空券を比較して、簡単に自分の目的に合った航 ...

 

バス

 

値段 4 out of 5 stars (4 / 5)
時間 3 out of 5 stars (3 / 5)
利便性 3 out of 5 stars (3 / 5)
安全性 4 out of 5 stars (4 / 5)

 

バスと一口に言っても、普通のバス長距離バスに大別できるかと思います。

普通のバスは、街中で走っているバス停に泊まるバスです。

値段が安く、目的地までしっかりたどり着いてくれるので使い方さえ覚えれば、非常に利用しやすい移動手段の1つだと思います。

 

もう1つの長距離バスというのはより長時間、長距離を走るバためのスでバスターミナルに停まります。

普通のバスより値段は高いですが、長時間乗っている必要があるため快適に過ごしやすく、食事が提供されることもあります。

ずっとバスに乗り続けるのは、体力的にしんどいので途中休憩のために定期的にサービスエリアに寄ってくれます。

 

この長距離バスは南米での主流の移動手段です。

南米を旅するバックパッカーなら一度は利用したことがあるでしょう。

 

長距離バスを調べる際に利用しているアプリを紹介しておきます。

ブラジルが好きな僕にとっては、必須のアプリです。

 

Rome2rio: Trip Planner

Rome2rio: Trip Planner

Rome2rio Pty Ltd無料posted withアプリーチ

 

Koichi
アルゼンチンで長距離バスを利用したとき、バスターミナルで出発まで待機していたのですが、予定時刻より数時間遅れての出発でした。

南米では結構よくあることらしいので気長に待ちましょう(笑)

 

列車

 

値段 2 out of 5 stars (2 / 5)
時間 4 out of 5 stars (4 / 5)
利便性 3 out of 5 stars (3 / 5)
安全性 4 out of 5 stars (4 / 5)

 

列車は頻繁に利用するような移動手段ではないのですが、僕が好きな移動手段です。

値段は安いとは思わないですが、比較的快適に過ごせることが多く、何よりも一番景色を楽しみながら移動できる手段だと思っています。

 

Koichi
僕はドイツからオランダに行く際に、列車を利用したのですがとても心地よい時間を過ごせました。

「世界の車窓から」も好きなので、本当に良い思い出です(笑)

 

地下鉄

 

値段 4 out of 5 stars (4 / 5)
時間 4 out of 5 stars (4 / 5)
利便性 3 out of 5 stars (3 / 5)
安全性 4 out of 5 stars (4 / 5)

 

地下鉄は地方の方だとあまり発達していないことが多いですが、慣れれば利用しやすい移動手段の一つです。

国によって多種多様ですが、頻繁に地下鉄を利用する方はカードが売られていることがあるのでそれを購入することで一回当たりの費用を安く抑えることができます。

 

Koichi
日本ほどではないですが、僕の経験上地下鉄は時間をしっかり遵守している傾向にあると思っています。

待ち時間は比較的短いのではないでしょうか。

 

タクシー

 

値段 2 out of 5 stars (2 / 5)
時間 4 out of 5 stars (4 / 5)
利便性 4 out of 5 stars (4 / 5)
安全性 2 out of 5 stars (2 / 5)

 

単刀直入に言いますが、タクシーは移動手段としてあまりお勧めできません。

特に、初めて行く国や海外旅行に慣れていない方は後述の配車アプリを使う方が良いです。

 

タクシーの注意ポイント

・観光客相手に値段を高めに設定するドライバーがいる

・その国の言語を話せないと、行先をうまく伝えられない可能性がある

・混雑していると待たないといけない時がある

 

Koichi
僕は、何度かぼったくられた経験があります。

その国に着いてすぐだと、相場が分からないので空港から宿に行くときにネットが使えない時はいつもぼったくられること前提でタクシーを利用しています。

 

Uber(ウーバー)とGrab(グラブ)

 

値段 3 out of 5 stars (3 / 5)
時間 4 out of 5 stars (4 / 5)
利便性 5 out of 5 stars (5 / 5)
安全性 5 out of 5 stars (5 / 5)

 

UberGrabは配車アプリの名前です。

日本でもUber Eatsが有名になってきましたので名前を聞いたことがある方は多いと思います。

 

UberGrabは別のアプリなのですが使い方はほとんど同じなので、まとめ書かせていただきました。

基本的には、Uberは欧米諸国で利用され、Grabは東南アジアで利用されています。

 

タクシーとの違い

  • カードを登録しておけば、自動引き落としをしてくれるので現金を払う必要がない
  • 目的地を地図上で設定することができるので、行先をしゃべる必要がない
  • 近くにいるドライバーをアプリが自動で探してくれる
  • ドライバーの評価を確認することができる

 

以上の特徴により、タクシーより安全でぼったくりの心配もありません。

海外旅行の前に必ずアプリをダウンロードしていきましょう。

 

Uber

Uber

Uber Technologies, Inc.無料posted withアプリーチ

 

Grab Superapp

Grab Superapp

Grab.com無料posted withアプリーチ

 

Koichi
僕は海外旅行ではもう一切、タクシーは利用せずにこのアプリを使用しています。

その他が明らかにメリットしかないです。

 

ANGKAS(アンガス)

 

値段 5 out of 5 stars (5 / 5)
時間 4 out of 5 stars (4 / 5)
利便性 4 out of 5 stars (4 / 5)
安全性 2 out of 5 stars (2 / 5)

 

ANGKASについては、正直言いますと僕は利用したことがありません(笑)

このANGKASもUberGrab同様、配車アプリの一種なのですが自動車ではなくバイクになっています。

 

フィリピンに住んでいた時に、道路で何度か見かけたことがあるのですが、Grabよりも値段が安くなっているようで利用者は結構います。

バイクなので自動車よりは少し危険に見えますが、またフィリピンに戻った際は利用してみたいと思っています。

 

ヒッチハイク

 

値段 5 out of 5 stars (5 / 5)
時間 4 out of 5 stars (4 / 5)
利便性 2 out of 5 stars (2 / 5)
安全性 1 out of 5 stars (1 / 5)

 

ヒッチハイクは移動手段というより、移動手段の確保方法?かもしれませんが、1つの選択肢として面白いと思います。

ただやはり、安全面という意味では危険でしょう。

誘拐されないとも限りませんので。

 

僕は、一般的にイメージされるようなヒッチハイクの経験はありませんが、知らない人に声をかけて行きたい場所まで車に乗せていってもらったことがあります。

その時は、運転手も目的地までの途中だったので乗せてもらえました。

 

ヒッチハイクをすれば、新しい人と交流を図ることができるのでそういったメリットがあるかもしれません。

僕もいつか挑戦してみたいです!

 

トゥクトゥク(タイ)

 

値段 5 out of 5 stars (5 / 5)
時間 2 out of 5 stars (2 / 5)
利便性 5 out of 5 stars (5 / 5)
安全性 2 out of 5 stars (2 / 5)

 

名前を聞いたことがある人は多いと思いますが、トゥクトゥクはタイで有名な移動手段です。

運転席が前にあり、後部座席に座って移動します。

バイクと車の中間のような感じでしょうか?

 

日本では公道を走るこのようなタイプの乗り物はないので、単純に移動を楽しむことができると思います。

個人的には遊園地にありそうな乗り物なので、遊園地で遊んでいるような感覚になります(笑)

値段も安いですし、タイを旅行する方はぜひ利用してみましょう!

 

トライシクル(フィリピン)

 

値段 5 out of 5 stars (5 / 5)
時間 2 out of 5 stars (2 / 5)
利便性 5 out of 5 stars (5 / 5)
安全性 2 out of 5 stars (2 / 5)

 

トライシクルはフィリピンで利用されている、トゥクトゥクに似た乗り物です。

僕は、トライシクルサイドカーのようになっていて、運転手の横に座席がありそこに座って移動する点がトゥクトゥクとの違いだと思っています。

これは正直定かではなく、申し訳ありませんが僕自身明確な違いは理解していません(笑)

 

都心部では走ってないですが、中心部から少し離れたところではよく見かけます。

値段は非常に安く、短い距離の移動に最適です。

トゥクトゥク同様、少しスリルはありますが、移動を楽しめる乗り物だと思います。

 

レンタルサイクリング

 

値段 5 out of 5 stars (5 / 5)
時間 2 out of 5 stars (2 / 5)
利便性 4 out of 5 stars (4 / 5)
安全性 3 out of 5 stars (3 / 5)

 

これはかなり国によって違うイメージがあるのですが、レンタルサイクリングは短い移動やサイクリングをしながら、観光を楽しむのにもってこいです。

先進国に多いですが、全くそういうシステムがない国もありますので渡航前に調べてみるのが良いかもしれません。

また、使用の際も個人情報やクレジットカードの登録が必要な場合が多く、使い始めるまでには少し手続きが必要でしょう。

 

Koichi
フィリピンでは見たことないですが、ブラジルではオレンジ色のItaúのレンタルサイクリングを街中でよく見かけます。

使ってみたいですが、手続きが面倒くさいので僕は使ったことがありません(笑)

 

徒歩

 

値段 5 out of 5 stars (5 / 5)
時間 1 out of 5 stars (1 / 5)
利便性 1 out of 5 stars (1 / 5)
安全性 2 out of 5 stars (2 / 5)

 

最後はやっぱり徒歩(笑)

バックパッカーは長距離を徒歩で移動することがかなり多いと思います。

体力を使うだけで、移動費は一切払わなくていいですもんね。

 

僕は、観光地だけでなく現地の人々の暮らしに触れるのも好きなので、海外旅行中に街中を散歩するのが好きです。

特に、夜の街を歩くのが好きで日中とは違った街の様子を楽しむことができます。

 

まとめ

書き終えて思いましたが、移動手段って結構ありますね。

それぞれメリットデメリットがあるので自分の目的に沿った移動手段を選ぶことが大事です。

 

バックパッカーの場合だと、1番重視したいのはお金の節約だと思います。

ですので、基本的に歩ける範囲は徒歩でカバーして少し遠ければバスや地下鉄、長距離移動は飛行機や長距離バスを使うのがメジャーだと思います。

 

ぜひ次回海外旅行をする際は、この記事を参考にしてみてはいかがでしょうか?

 

 

  • この記事を書いた人

Koichi

ブラジル・ポルトガル語留学◀一時帰国◀外資系企業 in フィリピンでデジタルマーケティング◀国内メーカーで営業&マーケティング◀国公立大学IT系学部●世界一周●合計渡航国数30か国以上●TOEIC960点取得/ブラ・ポル語中級者●自己ベストBP120kgSQ150kgDL180kg筋トレ歴8年目の身長190cm体重90kg

-Travel, おすすめ記事, 海外

© 2022 Koichi Blog Powered by AFFINGER5