My experience おすすめ記事 海外

バックパッカーの年齢はどのぐらい?僕が実際に会った人達の年齢!

 

皆さん、こんにちは! Hello, everyone!  Oi, pessoal!  Koichiです!

皆さん、バックパッカーとして海外を旅した経験はありますか?

 

バックパッカー(英語: backpacker)とは、低予算で国外を個人旅行する旅行者のこと。バックパック(リュックサック)を背負って移動する者が多いことから、この名が付けられた。日本語では「パッカー」「バッパー」と略すこともある。こうした旅行(バックパッキング、英語: backpacking)はまた、自由旅行や低予算旅行(英語: budget travel)とも呼ばれる。

出典:Wikipedia

 

僕は今まで、30カ国以上を旅した経験があり、数多くのバックパッカーに会ってきました。

この記事では、バックパッカーと年齢の関係についてお話していきたいと思います。

興味のある方は、最後までお読みください。

 

 

バックパッカーの年齢

 

バックパッカーは世界中を低予算で旅する人たちのことを言うので、若い人が多いと思われるかと思います。

結論を言ってしまうと、その予想通りです(笑)

僕が会ってきた人で考えると、20代前半が圧倒的に多いです。

これはバックパッカーの特徴バックパッカーをする目的を考えると、分かりやすいです。

 

特徴

・低予算での旅

・体力を使う

・長期間旅に出る

 

バックパッカーにはこういった特徴があり、若い人でないとしんどい面があります。

年を取ってある程度経済的に余裕が出てくると、わざわざこんな旅をする人は少ないのではないでしょうか。

少し贅沢をして、非日常を味わう旅行をするでしょう。

 

また、ある程度の長期間旅をするのが普通で正社員や既に家庭を持っている人にはかなり難しいです。

まだそういった社会的な制約が少なく、自由に動ける若者の方が旅をしやすいわけです。

 

Koichi
バックパッカーの旅をしていると正直結構しんどい場面にも多々遭遇します(笑)

お金を節約しようとするとその分しんどさは増えてしまいますね。

逆にそれがバックパッカーの利点でもあると思いますが。

 

目的

・新しい経験を知る

・異文化を体験する

・様々な国籍の人と知り合う

 

バックパッカーの旅をする目的は本当に多種多様ですが、ここで紹介したものはかなり一般的だと思います。

若い時にこういった経験をすると、一生モノの宝になりますよね。

年を取ってくると安定志向に収まっていく人が多いので、若者の方がバックパッカーをしたいという人は多いでしょう。

 

バックパッカーの年齢制限

 

ということはやはりバックパッカーをするには、若くないといけないのか?

これに関しては、「NO」と言いたいです!

 

先ほど述べたように、確かにバックパッカーには若い人が多いです。

僕が実際に会ったのは下が18歳で、上は一番高齢でも38歳でした。

 

ただ、これは若い人の方が旅をしやすいというだけで年齢制限があるわけではありません。

思い立って行動すれば、誰でもバックパッカーになることができます。

バックパッカーの旅に正解はありません。

それぞれの旅があり、それぞれが正解なので周りと比較するものではないです。

 

Koichi
海外でギャップイヤーという制度がある国の若者のバックパッカーには会う機会が多いです。

大学入学前に1年ほど空白期間を設けて色々な経験を積むらしいのですが、僕も同じようにできていたらと思います。

日本でもやろうと思えばできますが、それほど一般的ではありませんよね。

 

バックパッカーの旅で得られるもの(年代別)

 

バックパッカーの旅をすると得れるものがたくさんあります。

旅の種類やどの国を旅するかなど様々な要因があるとは思いますが、ここでは僕が考える年代によってどのようなものを得られるのかを紹介していきたいと思います。

もちろん紹介するものが絶対に得られるというわけではないので、あくまで一意見として参考にしてみてください。

 

Koichi
とりあえずこの記事では、30代までのみ書こうかと思います。

それ以上の年齢でも、得れるものはいっぱいあると思うので年齢制限ではないことだけお伝えしておきます。

 

10代が得られるもの

 

得られるもの

・知らない世界からの刺激

・世界の広さの認識

・新鮮な経験

・実行したことによる自信

 

10代のバックパッカーは高校を卒業した社会人もしくは大学生になります。

そのため、ほとんどの人は学校という閉鎖された世界の一部の空間しか知りません。

そんな10代にとってはバックパッカーは未知との遭遇の連続です。

 

何もかもが新しく、何でも吸収できるでしょう。

「井の中の蛙大海に出る」ですね(笑)

大きな世界へと一歩踏み出し、バックパッカーの旅を終えるごろには精神的に一回り逞しくなって自信もつくでしょう。

資金面が難点かもしれませんが、10代でのバックパッカーは本当にオススメです。

 

関連記事
バックパッカーの資金はリゾートバイトで貯めるのが一番!メリットとは?

  バックパッカーとして、色々な国を旅するためには資金が必要です。 交通費、宿泊費、食費な ...

 

Koichi
僕は20代になってから旅を始めたので、若い人がうらやましいです。

もし10代に戻れるならもっと旅に出てたでしょうね。

 

20代が得られるもの

 

得られるもの

・遊びの楽しい時間

・視野の広さ

・自分と向き合う時間

 

年代別に分けて紹介していますが、もちろんほかの年代で得れるものとも被ります。

特に、これらが際立ってると考え紹介します。

 

20代といっても大学生と社会人でかなり幅がありますが、この年代では新しい経験や刺激を求めるのに加えて自分探しというものを求める人も多いのではないでしょうか?

僕の意見を言わせてもらうと、バックパッカーの旅に出たところで自分など見つかりません(笑)

自分は常にそばにいるもので旅に幻想を求めすぎなように感じます。

 

しかし、移動時間などでは一人で過ごす時間が増え、色々な世界に触れることで視野が広まりこれからの将来についてしっかり考えることができるようになると思います。

そういった意味では、今までになかった選択肢も出てくるかもしれませんね。

 

30代が得られるもの

 

得られるもの

・長期間の休養

・最後の遊び

・過去の振り返り時間

 

30代で初めて海外に出た人は別にして、この年になってくると10代や20代とは比較にならないくらい色々な経験をしていると思います。

そういった意味では、新しい経験や刺激は若者と比べると少ないでしょう。

 

バックパッカーをする理由は、年齢的にも最後の旅をする人やこれまでの人生について少し振り返ってみようとする人が多いかもしれません。

特に、日本だと年齢が非常に重要なので「もう年だから」と考える人が出てきますよね。

旅の内容も、金銭的に余裕のある30代は少し贅沢な旅をしていることでしょう。

 

Koichi
ここまで偉そうに語っていますが、僕はまだ20代なので全部想像です(笑)

 

まとめ

バックパッカーは正直何歳になっても素晴らしい経験をできるものだと思います。

趣味として楽しめる一方で、自己投資として色々な意味で成長できます。

年齢が重要である場面ももちろんあるかもしれませんが、結局年齢も人間が勝手に作り出したレッテルでしかありません。

全ての人がバックパッカーの旅に出るべきなどを無責任なことは言えませんが、本当にオススメできることなので機会があればやってみるのも良い経験だと思いますよ。

  • この記事を書いた人

Koichi

ブラジル・ポルトガル語留学◀一時帰国◀外資系企業 in フィリピンでデジタルマーケティング◀国内メーカーで営業&マーケティング◀国公立大学IT系学部●世界一周●合計渡航国数30か国以上●TOEIC960点取得/ブラ・ポル語中級者●自己ベストBP120kgSQ150kgDL180kg筋トレ歴8年目の身長190cm体重90kg

-My experience, おすすめ記事, 海外

© 2022 Koichi Blog Powered by AFFINGER5